20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報を発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

自分の時間単価という考え方

f:id:shibainu48:20190629140224p:plain

おはようございます。柴犬くんです。



先日ネットサーフィンをしていると、
【時間単価】という考え方を持ちましょう。という記事をみつけ、なるほどと思ったので自分なりの解釈を書いてみたいと思います。



●まず「時間単価」とは、単純に皆さんそれぞれの給料を働いた時間で割ったものです。時給ですね。


サラリーマンの場合は年間の給料+ボーナスを年間の労働時間で割ると正しい時給がでますね。
一度計算してみてはいかがでしょう。
私の場合は1000円を少し越えた程度でした。(泣)


この時間単価という考え方は本来サラリーマンの視点からみるとあまり役に立たないかもしれません。
どちらかというと個人事業主であったり、社長さんなどが持っている考え方ではないかと思います。


私のようなサラリーマンが時間単価をあげるには、昇級であったり、転職により時間単価を上げるという方法しかありませんから。(その他の副業をやっていればその限りではありませんが)


とはいえ、先日記事にしたような気がしますが、
給料を得るために、私たちは【自分の命の時間】を削って労働し、その対価を得ているのです。

●給料=自分の命の時間●

でありますから、

●時間単価=あなたの命一時間あたりの値段●

なわけであります。


私の給料から考えるとずいぶん安く感じますね(泣)


しかし、これは紛れもない事実であったりします。


これに個人で対策をうつというのは少し難しいことではあります。それこそ副業をやるしかありませんね笑 


副業が本業の時間単価を越えるのであれば、そちらを本業にし、ようやく時間単価の概念が使えるわけです。


私の会社は副業解禁されてはいませんので、現実的ではないですけどね笑


ということで、私は時間単価をあげることは諦め、投資に走るという結論になるわけです。


こちらは時間単価とはまた違い、働かずともお金が増えるという【不労所得】と呼ばれるものになります。


勿論リスクはあるため万人に勧めるものではありませんが、私は「増えそうだな」と思ったので始めたわけであります。



【インデックス投資】と呼ばれる投資手法は私の人生観を少し変えてくれたものでありますので、名称だけ宣伝させていただきますね。

興味があれば、検索してみてくださいね。



本日もお読みいただきありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。