20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

【実体験】結婚式の初期見積もりに気をつけよう。最終見積もりは倍になります。

f:id:shibainu48:20190630162159p:plain


おはようございます。柴犬くんです!




本日は



【実体験】結婚式の初期見積もりに気をつけよう。最終見積もりは倍になります。


ということで記事を書いていきます。



今、結婚式を考えているという方の参考になれば幸いです。


結婚式場のスタッフは契約させるのが上手い!

本当にこれが上手いんですよー笑
言葉たくみに私たちをまずは契約させようと目論んでいます。

商売だから当然ではありますが、

「今日決めてくれたら安くしますよ!」とか「今だけの限定プランですよ!」

とか、様々な手法で攻めてきます笑
主に安くなります!ですけどね。

よくよく検討しましょう。


ちなみに私たち夫婦は4件ほど回りました。案外式場巡りは楽しいですよー!

結婚式の初期見積もりの何が悪いか

いいところを見つけたなーと思って、いざ見積もりに移りますよね。
ここが最大の注意点です。

初期見積もりは、スタンダードのプランであって、ドレスやブーケ、飾り付けなどの大事な部分が入っていないことが多いんですよー。

ここでみんな騙されるんです。

「思ったより安いじゃんー」とか「これぐらいならなんとか出せそう」

と思わせて、まずは契約を取りに来るんです笑


既婚者の方はそうだよねー。ウンウン。と思っていただけるのではないでしょうか笑


初期見積もりの際は、これの他に

●どういった費用がかかるのか

●ウェディングドレスやお花等の詳しい料金設定が分かれば聞く

ということを心がけたいです。


私たち夫婦は初期見積もりが100万円ほど、最終見積もりは200万円ほどになりました。参考まで。

まとめ

●ウェディングスタッフは契約させるのが上手い。安いからではなく、「自分がここであげたいか」「他の候補はないのか」
 しっかり検討しましょう。

●初期見積もりは、スタンダードのプランであることが多い。好みのウェディングドレスを選びたいとなると当然別途費用がかかる。
 詳しい内容が聞けそうであれば、出来るだけ深く聞きましょう


結婚式は高いお買い物であります。そして一生にそうなんども経験するものではありません。
それゆえに知識不足になりがちです。

この記事が、何か一つでも読者様のお役にたちますように。


ということで、本日もお読みいただきありがとうございました。


www.shibainukun.com
こんな記事も書いています。貯金だけではいくら貯まるのか。普段考えないことを考えてみました。

https://www.shibainukun.com/entry/2019/04/09/073104www.shibainukun.com
学資保険は必要なのかを考えてみました。私は不要ではないかと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。