20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

【サラリーマン必見】物を買うということは自分の時間を使うということ

おはようございます!柴犬くんです!

本日は、

【サラリーマン必見】物を買うということは自分の時間を使うということ

ということで記事を書いていきたいと思います。

f:id:shibainu48:20191105045704j:plain



物を買うときに考えること

あなたは物を買うときにどんなことを考えますか?

「この時計かっこいいな」

「この洋服可愛い〜」

「この機能は便利だな」

「美味しそう〜」

などいろいろなことを考えることでしょう。 しかし、最終的に判断するポイントはやはり「金額」ではないでしょうか。

いくら可愛い洋服だとしても、価格が10万円となれば「やめておこう」と判断する人は多いですよね。「価格より価値がある」と思ったときに人間は物を買うものです。


この記事では、物を買うときに心がけておくと「無駄遣い」が減る、そんな考え方について書いていきたいと思います。

物を買うということは自分の時間を使っている

物を買うときその対価として支払うのが「お金」ですね。 日本では「円」が使われています。

ということで

「物を買うときにはお金で買っている」

この考え方が一般的であると思います。 しかしもう少し踏み込んで考えてみてください。

その「お金」はなぜあなたの手元にあるのでしょうか?

「空から降ってきた?」 「親切な人がくれた?」

そんなことはないですよね。 自分で「労働」をして、その対価として支払われたものでしょう。


つまり自分の時間を使って稼いだお金で「物を買っている」ということですよね。

これは言い換えれば、自分の時間を使って物を買ったことと同じになります。


普段生きている上では、この考え方をする人はあまり多くないと思います。 では、誰がこういった考え方をしていると思いますか?

答えは、「お金持ち」です。

お金持ちは「自分の時間の価値」をしっかり理解し、「時間を使って稼いだお金」を大切に使います。 その考え方を持っているからこそ、現在お金持ちなのです。

そういった「お金持ち」の考え方を真似することで、少しずつお金持ちに近づいていけます。




スポンサーリンク

同じ考え方で「借金」はどうなるのか

借金とは、お金を借りることです。 「ローン」や「奨学金」と名前を変えることがありますが、内容はどれも同じです。

今自己資金がないため、お金を金融機関などから借り入れ、利息を乗せた分を少しずつ支払っていくというものですね。

「マイカーローン」や「住宅ローン」などは、日常生活でもよく耳にする、ありふれた言葉ですね。


それでは、先ほどの考え方をこちらでも取り入れてみましょう。 

「物を買う」ということは「時間」を使って買っている

これが先ほどの考え方でしたね。


これを借金に当てはめてみると、

借金とは「自分の未来の時間を先に売ってしまう行為」となります。

この考え方をするとより「重い言葉」になりますよね。 


住宅ローンを組むということは、自分の未来の時間と引き換えに家をもらうという行為になるわけですね。


人というものは、あまりに「大きな事柄」に対しては感覚が麻痺してしまうものです。 住宅ローンなどの多額の借り入れに対して、「こんなもんか」と思えてしまう理由がそれです。

しかし、本来は、

「自分の未来の時間と引き換えにしても欲しいのか、必要なのか」

と深く考える必要があるものです。


もちろん「借金が駄目だよ」なんていっているつもりはさらさらありません。

大事なのは「自分がどうしたいのか」ですからね。

自分にとって「時間以上に価値のあるもの」であれば、買うことが正しい選択だと思います。


まとめ

物を買うというのは、お金を使うことであるが、「自分の時間を使う」という行為でもある。

借金は「自分の未来の時間を売り渡すこと」といってもいい。


「物を買う」「お金を借りる」 そういった行動をするときは、「自分の時間を使う価値があるのか」といった考え方を取り入れてみると、本当に必要なものか判断する助けになります。



私たちは日々「消費」をしています。 より満足度を得られるものに「自分の時間」を使っていきたいですね。


ということで、本日もお読みいただきありがとうございました。



こんな記事も書いています。

時間というものは時として「お金」より価値のあるものです。
www.shibainukun.com

私がよくやってしまいがちな「NG」な時間の使い方について書いています。
www.shibainukun.com

年収350万円の私が1000万円貯められた理由について書いています。
www.shibainukun.com


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村