20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

ドルコスト平均法で投資をするメリットとデメリット

おはようございます!柴犬くんです!

本日は、

ドルコスト平均法で投資をするメリットとデメリット

ということで記事を書いていきたいと思います。

f:id:shibainu48:20191024052510j:plain

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法とは、株式や投資信託などの商品を、毎月コツコツと積み立てていく投資手法です。 定額購入法や、積立投資と呼ばれることもあります。

例えば、現在1000万円資産があり、これを投資に回していくとしていきなり全部を一括購入するのではなく、数年にかけてコツコツ積み立ていくという手法になります。

この記事では、この「ドルコスト平均法」で投資をするメリットとデメリットについて書いていきたいと思います。


ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法には主に以下のようなメリットがあります。

  1. 購入価格を平準化することが出来る
  2. 給与所得を得ているサラリーマン向き
  3. 投資のタイミングを計る必要がない

順番に解説していきます。

購入価格を平準化することが出来る

ドルコスト平均法の大きなメリットして、購入価格を平準化することが出来るというものがあります。 上がり下がりのある「株式市場」において、高くても安くても買うことで「平均取得単価」を下げることが出来るのです。高ければ少なく、安ければ多く買えるということですね。

給与所得を得ているサラリーマン向き

私たちサラリーマンにとって「ドルコスト平均法」は馴染みやすい投資法です。 理由としては、私たちは毎月給料を得て生活しています。 その給料からコツコツと少額を拠出していくというのは、とても簡単だからです。

国の押し出している「つみたてNISA」という税制優遇制度も、一般のサラリーマン向けに「長期」「分散」「積立」というリスクを抑えた方法で投資をしてもらうよう設計されています。

一気に40万投資をするとなると「怖いなぁ」と思ってしまうものですが、毎月3万程度をコツコツ積立ていくことは割と怖く感じないものです。

これらの理由から「ドルコスト平均法」はサラリーマン向きの投資と言えるでしょう。

投資のタイミングを計る必要がない

ドルコスト平均法では、投資のタイミングを計る必要が一切ありません。 毎月コツコツと積み立てていくという投資手法なので、安かろうと高かろうと淡々と買っていくのみです。

私のような投資初心者には、どのタイミングで投資をすれば良いのかということが分かりません。 そんな私でも簡単に投資をすることが出来ているのはこの「ドルコスト平均法」のおかげなのです。

日々仕事に追われ忙しいサラリーマンにとっては最適な手法の1つですね!




スポンサーリンク

ドルコスト平均法のデメリット

この章では、ドルコスト平均法のデメリットを見ていきたいと思います。

  1. ずーっと右肩上がりの場合は不利
  2. 投資を始めた時に割高だと長期で含み損が出る場合がある
  3. 右肩下がりの商品では意味がない

順番に解説していきます。

ずーっと右肩上がりの場合は不利

買った商品がずっと右肩上がりを続けた場合はこの「ドルコスト平均法」でコツコツ買っていくより「一括購入」してしまうう方が有利になります。

ドルコスト平均法はあくまで、上がり下がりを続ける商品に対して有利であるというものです。 ずーっと右肩上がりを続けると思割れる商品に対しては弱いのです。 

株式市場には上がり下がりが必ずあるものですけどね。必ずしも万能な手法でないことは覚えておきたいです。

投資を始めた時に割高であると長期で含み損が出る場合がある

これはドルコスト平均法の仕方ない点ではあるのですが、始めた時が高値であった場合、その後下がってしまうことにより「含み損」の状態が長く続いてしまうことがあります。

短期的に見ても仕方がないことではあるのですが、初心者からすると「怖い」という感情が芽生えてしまうかもしれませんね。

右肩下がりの商品では意味がない

これはどんな商品でも同じことが言えるのですが、右肩下がりの商品を買っていては全く意味がありません。 長期的には右肩がりになる商品であることが大前提なのです。

ですから最初の「商品選定」は本当に気をつけねばなりません。 長期的に右肩下がりになる商品であれば「ドルコスト平均法」の恩恵に預かることはできません。 もちろん一括投資でも同じことが言えますけどね。

私はドルコスト平均法を採用し続けます

私は以上のメリットやデメリットを踏まえても、変わらず「ドルコスト平均法」で投資を行います。

サラリーマンであり初心者投資家の私にとって「最適の手法」であることは間違いないと思えるからです。


投資には様々な手法がありますが、自分にとって「間違いない」と思える手法を選びたいものですね。

何か参考になれば幸いです。

本日もお読みいただきありがとうございました。


こんな記事も書いています。

20代におすすめの投資を書いています。
www.shibainukun.com

こちらでは親が子供にするべき金融教育について書いています。
www.shibainukun.com

こちらではミニマリストという生き方について書いています。
www.shibainukun.com





ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村