20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

【解説】ガン保険は必要なのか? 〜ガンの興味深いデータについても紹介〜

おはようございます!柴犬くんです!



本日は,

【解説】ガン保険は必要なのか?〜ガンの興味深いデータについても紹介〜


ということで記事を書いてみたいと思います。


f:id:shibainu48:20200131071123p:plain


結論だけ先に言うと、ほとんどの人に不要な保険となります。 

以下で解説していきます。

ガン保険とは

そもそもガン保険とはなにか。

それは、ガンになった時にお金が出る商品です。 当たり前のことですが、ガン保険に入っていたからと言ってガンが治るわけではありません。

ただガンになった時にお金が出るそれだけの商品です。


2人に1人がガンになる時代だと言われていますが、そこには実はある「トリック」が隠されています。


確かに、生涯で見ればなにかしらのガンにかかる確率は男女ともに50%ほどあります。 

そのため保険会社は「2人に1人ガンになる時代」とうたって保険商品を販売しています。しかし、これは生涯でみたときの話。 


現在20歳の人が20年以内に「ガン」になる確率って何%だと思いますか?


「2人に1人ガンになる時代だから50%じゃない?」

「若いからもう少し低いんじゃないかな?」





答えは何と0.9%です。

かなり低いですね。

ちなみにこのデータは、「国立ガン研究センター」の調査なのでかなり信憑性があると言えます。


ちなみに現在40歳の人が20年以内に「ガン」になる確率が7%です。


保険屋さんの言う「2人に1人がガンになる時代」と言うのは、やや「誇大表現」があるような気がしますね笑 「セールストーク」なのかもしれませんね笑 


これ以上は怒られるのでやめておきましょう笑


生涯で見れば2人に1人がガンになるのは本当なので保険会社さんが「嘘」を言っているわけではありませんからね(一応フォロー)



こちらから「国立がん研究センターがん情報サービス」に飛べます。詳しいデータがみたいという方はこちらをご確認ください。
ganjoho.jp



ガン保険の保険料

この章では、ガン保険の保険料についてみていきましょう。 

条件を設定していきます。

【条件】

  • 男性
  • ガン診断給付金200万(ガンと診断された時貰えるお金)
  • 先進医療保障2000万(ガンに関わるもの)
  • 終身保険(70歳まで加入できるものとする)
  • 楽○生命のガン保険を利用


それでは試算に移りましょう。


まずは20歳からガン保険に入った場合の保険料についてみていきます。

シミュレーションサイトで条件を当てはめていくと、大体月額2,600円位となりました。

つまり、

2,600円×12ヶ月=3.12万円

3.12万円×50年=156万円 


こちらが70歳までに払い込む金額になります。 この期間で対象のガンになれば「200万円」が貰えると言うわけですね。 

ちなみに20歳の人が70歳になるまでにガンにかかる確率は21%くらいだそうです。



続いて30歳からガン保険に入った場合の保険料についてみていきます。


シミュレーションサイトで条件を当てはめていくと、大体月額4,100円位となりました。
つまり、

3,700円×12ヶ月=4.44万円

4.44万円×40年=177.6万円


こちらが70歳までに払い込む金額となります。 この期間で対象のガンになれば「200万円」がもらえます。

ちなみに30歳の人が70歳になるまでにガンにかかる確率は21%だそうです。



ここまでの情報を整理すると、

20歳の人は70歳までに21%の確率でガンになる。 保険料はトータル156万円でガンになれば200万もらえる

30歳の人は70歳までに21%の確率でガンになる。 保険料はトータル177.6万円でガンになれば200万もらえる


ということになります。


21%に自分が入る自信があれば20歳の人は44万円得をし、30歳の人は22.4万円得をする

もし21%に入れなければ20歳の人は156万円丸損、30歳の人は177.6万円丸損という言い換えてもいいです。



この計算はあくまで「ざっくり」のものになります。 実際にいくらかかるか、またいくらの保障があるかはご自分で確認していただければと思います。





スポンサーリンク

国立ガン研究センターの面白いデータを紹介

冒頭で「2人に1人がガンになる時代」というセールストークを紹介しました。

しかし、先程の保険料金試算の章で面白い数字があったことに気づきましたか?

それは、

20歳の人が70歳になるまでにガンになる確率は21%

30歳の人が70歳になるまでにガンになる確率は21%

というところです。

いい感じに数字が並んでいますね。 ということで他の年代ではどうなのかについて調べてみました。


0歳の人が70歳になるまでにガンになる確率は21%

10歳の人が70歳になるまでにガンになる確率は21%

40歳の人が70歳になるまでにガンになる確率は20%

50歳の人が70歳になるまでにガンになる確率は19%

60歳の人が70歳になるまでにガンになる確率は15%


あれあれ? 大体似た数字が並んでしまいましたね。


このデータを見る限り、「消費者目線」でガンになる確率を発表するとすれば、


「各年代とも70歳になるまでに約20%の確率でガンになりますよ」


が正しいのではないでしょうか?


(※このデータは国立ガン研究センターのデータを引用させていただいています)


【結論】ガン保険は必要なのか?

これは私の考えになってしまいますが、ほとんどの人に不要の保険だと思います。

20%の確率にかけて数百万の保険をかけるぐらいであれば、私はその分を貯金に回し、定期的に「検査」を受ける方向に使うべきだと考えます。


「ガン保険」に入っているという人の中で私がどうしても不思議なのは、「人間ドックにいく人があまりにも少ない」という点です。

「ガン保険」に入っているから安心なんだという方もいらっしゃいますが、「早期発見」ができればガンは治る時代です。

「ガン保険」はあくまでガンになった時にお金が出る仕組みです。 「ガン」を治してくれるものではないのです。



ですから保険に入っているから大丈夫という考え方ではなく、「検査して異常がないから大丈夫」という考え方が大事なのだと思います。



最終的に「ガン保険」に入る入らないは自己判断にはなりますが、「定期的に人間ドック」にはいってほしいなと思います。


この記事がなにか参考になれば幸いです。




こんな記事も書いています。

こちらでは自動車保険について記事を書いています。
www.shibainukun.com


「水筒持参」という節約をしてみませんか?生涯で数百万浮きますよ。
www.shibainukun.com


通信費の節約も非常にコスパが良いです。 場合によっては生涯で数百万節約できるかもしれません。
www.shibainukun.com






ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。