20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

節約できない!一人暮らしにおすすめの節約方法

おはようございます!柴犬くんです!

本日は、

節約できない!一人暮らしにおすすめの節約方法

ということで記事を書いていきます。

f:id:shibainu48:20190629140228p:plain

一人暮らしで節約が出来ないそんなあなたへ

みなさん節約って得意ですか? 

「得意だよ〜」って答えられる人の割合はそんなに多くないと思います。

どうしても一人暮らしをしていると、「物欲」や「遊びたい欲」に負けてしまいがちですよね!


この記事では、

「節約はしたいけど、遊びに行けなくなるのはいやだ!」

「お金を貯めたいけど、面倒なことはしたくない」

そんなあなたに「誰でも簡単にできる節約方法」を紹介したいと思います。





スポンサーリンク

節約の本質は【無駄を削ること】

節約という言葉を聞くと同時に想像するのは「ガマン」という言葉ではないでしょうか。

ですから「節約」という言葉を聞いただけで、「そんな人生は嫌だ!」とか「それじゃつまらないじゃないか」という言葉が出てくるわけです。

しかし、「節約」の本質とは「ムダを削ること」であって「ガマンをすること」ではありません。

自分にとってのムダづかいを減らす。 これが節約のコツであり本質です。

そうはいっても、

「私にとっての無駄って何?わからない」

とか

「必要なものにしかお金を使ってないよ!」

というような声が聞こえてきそうです。

そんな方に、まず見直してみるべき点を以下で上げていきたいと思います。

一人暮らしにおすすめの節約方法

この章では、実際に一人暮らしの人が見直してみるべきところについて書いていきたいと思います。私がおすすめする節約方法は以下の3点です。

  • 家賃を安くする
  • 通信費を安くする
  • 保険費を安くする

順番に解説していきますね。


家賃を安くする

f:id:shibainu48:20191027085757j:plain

一人暮らしの方のほとんどは「賃貸物件」に住んでおられると推察します。 

みなさんは家賃について、

「この家賃は適切なのか?」

「もっと安くて同等の家が借りられないか?」

などと検討をしたことがありますか?

私が、この「家賃を安くする」ということを一番最初にあげたのは「節約効果が非常に大きい」からです。

例えば、月々の家賃が5000円下がれば「年間6万円」使えるお金が増えるということになります。6万円あったらいろんなことが出来ますよね。

「友達と遊びに行ったり」「恋人と旅行に行ったり」「美味しいものを食べたり」と様々な選択肢が増えます。 更にこの効果はそこに住み続ける限りずっと続きます。

具体的にどうやって家賃を安くするの?

家賃を安くする方法は大きく2つあります。 


1つ目は「引っ越し」です。 

今の家賃より「安いところ」に引っ越すということですね。 一人暮らしであれば割と気軽に引っ越しすることができると思うので、おすすめの方法ですね。



2つ目が「家賃交渉」です。

「賃貸物件」は入居時にしか家賃交渉が出来ないと思っていませんか? むしろ入居時にも家賃交渉してない方も多く見られます。

賃貸物件の家賃というのは「下駄を履かせてある」ことが多く、多少交渉されるものとして設定されています。

【入居時の交渉は必須】です。

またそれが出来ていなかったとしても、【入居後の交渉】も可能です。 大家さんにとっては「退居」されるのが一番嫌なので、多少の交渉には応じてもらえることがあります。


交渉の際は、

  • 丁寧に根気よく
  • 近隣の相場と比べて割高などの根拠を出す
  • 3月や9月といった「入居が決まりやすい時期」を避ける

などを意識しましょう。

通信費を安くする

f:id:shibainu48:20191027090106j:plain

通信費は住居費と並び、大きく節約効果のあるところです。

日本人の8割はdocomo.au.SoftBankという三大キャリアを利用していると言われています。 三大キャリアの利点としては、

  • 電波が安定している
  • 店舗がいろいろなところにある

などのものがあります。

しかし欠点ももちろん存在します。

  • 通信費が割高
  • プランが複雑

などです。

私は長年3大キャリアの1つであるauを利用していました。 月額の料金は8000円程度だったと記憶しています。 今は格安SIMの「楽天モバイル」を使用しており、月額3000円程度となっています。

このように三大キャリアを利用している方は、「格安SIM」に変えるだけで毎月5000円程度の節約効果を得られる可能性があります。

こちらでも記事にしていますので、参考まで。
www.shibainukun.com


保険費を安くする

f:id:shibainu48:20191027092121j:plain

みなさんは保険に入られていますか? 

私はいくつかの保険に入っています。 日本人の保険加入の割合は90%以上というデータもあるように日本は保険大国です。

そんな保険ですが、見直しをすることでお金を浮かせることができる場合があります。

そもそも保険ってどういうもの?

保険とは、病気や怪我、亡くなってしまった場合、事故を起こしてしまった場合に「お金が出る」というものです。

つまり、お金の心配を解消するためのものというのが本質です。

「起こる確率は低いがもし起こった場合生活が困窮するもの」

にかけるべきものとなりますね。

一人暮らしに必要な保険

一人暮らしの人に必要な保険は、実はそれほど多くありません。いかに挙げるものが必須な保険です。

  • 火災保険
  • 自動車保険(対人対物無制限) 〜車を保有している場合〜

火事や交通事故などは「誰にでも起こしてしまう可能性がある」ため必ず必要な保険になります。入っていない方は早急に検討する必要があります。

入っている方も「ネット型保険」に乗り換えることでかなりの節約効果を得られる場合がありますよ。

場合によっては必要な保険

ご自身の状況によっては必要である保険が以下にあげるものです。

  • 医療保険
  • 生命保険


医療保険に関しては「貯金」があれば原則不要だと私は思います。

しかし、貯金がない人にとっては必要な保険となります。 病気になった際に「支払うお金がない」という方のみ入りましょう。


医療保険が原則不要だと思う理由についてはこちらの記事で書いていますので、参考まで。
www.shibainukun.com


生命保険に関しては、

「自分の収入が途絶えた場合生活が困窮する人がいるかどうか」

というのが判断の基準となります。


一人暮らしの場合は実家にお金を仕送りしている人などが検討するべきものとなりますね。 それ以外は原則不要です。


不要な保険を削ることによる「節約効果」も結構大きいです。 今入っている保険が本当に必要か検討しましょう。




スポンサーリンク

まとめ

さてここまで「一人暮らしにおすすめの節約方法」ということで書いてきましたがいかがでしたか?

  • 家賃
  • 通信費
  • 保険費

これらは、誰でも簡単に節約ができるところです。 

「面倒だなぁ」と感じるところでもありますが、一回行動するだけで確実に生活が良くなります。


この記事が何か参考になれば幸いです。


お読みいただきありがとうございました。

こんな記事も書いています。

社会人1年目から貯金を習慣づけることでこんなものが得られます。
www.shibainukun.com

月々の貯金は給料の20%を目標にしましょう。
www.shibainukun.com

年収350万円の私が貯金1000万円を達成できたわけについて書いています。
www.shibainukun.com




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村