20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

保険の無料相談に近寄るな!【FPは本当にあなたの味方?】

おはようございます!柴犬くんです!

本日は、

保険の無料相談に近寄るな!【FPは本当にあなたの味方?】

ということで記事を書いてみたいと思います。

f:id:shibainu48:20191027092121j:plain

保険の無料相談とは

街で「保険の無料相談!」という売り文句でお客さんを集めているお店を見かけることはありませんか?

「無料」ってとっても魅力的な言葉ですよね。 私もついつい「無料体験」とかには手を出しがちです笑

この保険の無料相談は、本当に無料で保険の相談をしてくれます。

しかし、やはりうまい話というのは存在しないのです。

この記事では、「保険の無料相談」に近寄るべきではない理由について解説していきたいと思います。




スポンサーリンク

お金のプロであるFPが無料相談に乗ってくれる

無料相談をしているお店の売り文句をよくみてみると、

「お金のプロであるFPがあなたに最適の保険を見つけます」

とか

「FPの紹介だから安心」

などというものがあります。

※FPとはファイナンシャルプランナーの略です。

確かにFPはある程度のお金の知識を持っています。 FP資格には満遍なくお金の知識が散りばめられており、一般人よりかは「お金に詳しい」のは間違いありません。

しかし、そのFPがあなたの味方であるかは別問題です。


私も結婚したての頃、この無料相談に足を運んでみたことがあります。 そんな時に紹介された保険は明らかに私にとって不要なものでした。


結局のところ「店舗を構え人を雇っている」以上何かしらの儲けがないと出来ませんよね。 ではその割を食うのは誰なのか。それは「私たち」無料相談を受ける側なのです。

FPたちは「私たちに保険を乗り換えさせる」ということに全力を注いでいるのですね笑

保険という安心にはそれ相応のコストがかかる

保険は安心を買うということです。 

「病気になっても安心」

「もし亡くなっても安心」

「年金が減っても個人年金をしておけば安心」

などと【安心】を買いましょうとセールスされるのが一般的です。

しかし、安心を買うには「かなりのコストがかかる」これはしっかり頭に入れておかなければなりません。


日本人の平均的な保険額は月に30000円くらいと言われています。 これを20歳から40年間かけ続ければ1440万ものコストになります。


1440万円って相当な金額ですよね。 一年に100万円貯められる家庭があったとしたら14年分に相当するわけですから、人生の3大支出の1つと呼ばれるのも納得です。


もちろん保険に加入する、しないというのは個人の判断になってしまいますが、このような「多額のコスト」がかかるということは知っておきたいですね。




スポンサーリンク

まとめ

保険の無料相談が無料で出来るのにはやはりカラクリがある

店舗を建て人を雇っている以上は「儲け」が必須

FPは必ずしも味方ではない

「安心を買う」には多額のお金が必要である



自分に本当に必要な保険を見極めていきたいですね。


ということで本日もお読みいただきありがとうございました! 
意見、質問などありましたらお気軽にコメントくださいませ! もちろん無料です笑



こんな記事も書いています。

学資保険について必要かを考えた記事です。 
www.shibainukun.com

こちらでは医療保険について考察しています。 医療保険は「ある程度貯金があれば」不要というのが私の考えです。
www.shibainukun.com

こちらでは生命保険について書いています。 我が家のように「十分な貯金」がない家庭には生命保険は必須と思います。
www.shibainukun.com



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村