20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

月に3000円でも副収入や不労所得があるということ

おはようございます!柴犬くんです!

本日は、

月に3000円でも副収入や不労所得があるということ

ということで記事を書いてみたいとおもいます。

f:id:shibainu48:20190817110129j:plain

副収入と不労所得の違い

副収入とは、本業以外の「労働」をすることにより、収入を得るということ。 つまり、自分の時間を使ってお金を得るわけですね。バイトやブログの広告収入などが当てはまります。


これに対して、不労所得とは「仕組み」を作ることにより、働かなくてもお金が入ってくるというものです。株の配当などがこれに当たります。 家賃収入もこれに限りなく近いでしょう。

月に3000円だけあっても意味がない?

そう思われる方もたくさんいるかなぁと思います。 私もその考え方を持っていた人間です。 しかし、家計を考える上で「3000円」というのは意外と大きいものです。

3000円があれば「通信料」がまかなえてしまいます。 格安SIMであれば、3000円もしないですもんね。

これがもし「不労所得」でまかなえたらどうですか? 一生「通信料」が無料と考えても良いですよね。




スポンサーリンク

誰でも出来る不労所得の作り方

誰でも簡単に月3000円の不労所得を作ることは可能です。 「えっ?」と思われる方も多いかもしれませんが、これは事実です。

一番簡単なのが「株」を買うということではないでしょうか。

株式投資では、「高配当株」投資と呼ばれるものがあります。 これは、株を保有していると、1株につき○○円の配当を企業が出してくれるというものです。 もちろん配当を出さない会社もありますので、なんでもいいから買えば良いというものではありませんが笑

日本の高配当株をみると4%程度の配当を出している会社もあります。 先ほどの「月3000円」の配当を得るためには、年間36000円配当収入があればいいので、100万円投資すれば良いわけです。

厳密にいうと配当には「課税」されるため、もう少し投資する必要がありますが笑


株を買うのは、スタバでコーヒーを注文するより簡単です。 私の場合は、「トール?なにそれ?」って感じなので株を買う方がハードルが低そうです。

私が目指す生活

私は現在工場で勤務をしています。 工場の勤務というのは「長時間」になりがちです。 この生活を一生続けてしまうと「家族との自由な時間」が蝕まれてしまいます。

これを回避するためにはやはり「お金」が必要です。 2019/09現在の生活費は月に15万円程度です。

つまりこれを不労所得が上回ってしまえばあとはお金が減ることがなくなります。 月に15万円を先ほどの条件(4%程度)の配当で得ようとすると約5500万円以上必要となり、やや現実的ではないですね笑

しかし必ず配当のみでまかなう必要はないので、週3労働+配当で暮らしていけるようにしたいなと思っています。


「人生の時間」というのは本当に貴重なものです。 自分に負える程度のリスクを追いつつ、より良い生活スタイルを築いていきたいですね。


本日もお読みいただきありがとうございました。


こんな記事も書いています。

時間はお金以上に価値のあるものだと私は思います。
www.shibainukun.com

貯金のみではいくらあってもきっと不安だと思います。
www.shibainukun.com

アーリーリタイアという言葉を知っていますか?
www.shibainukun.com


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村