20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

サラリーマンは時間の切り売り

おはようございます!柴犬くんです!


本日は

サラリーマンは時間の切り売り

ということで記事を書いてみます。

f:id:shibainu48:20190630214355p:plain

サラリーマンとして働くということ(自戒を込めて)


今日の記事は、「時間の切り売り」というワードを上げてみましたが、はて何のことだろうとなりますよね。


働くということは、自分の労働力と「命の時間」を消費して、対価としてお金をもらうということです。

自分の命の時間を切り取って、お金と交換していると言い換えて良いかと思います。つまり時間の切り売りということですね。

以前このような記事を書きました。
www.shibainukun.com


時間というものはとても大切なものです。普段生活していると、これを実感することはなかなか出来なかったりします。

人生が終盤に近づくにつれ、少しずつ実感が出てくるものなのではないかと私は思います。

日本で働くサラリーマンの現実

サラリーマンの時間当たりの給料は非常に緩やかに上がっていくものです。定年まで働き、退職金をもらってようやく、「自分の時間と労働力に見合った給料となる」これが日本の会社の現実です。


私の会社では、

「自分の人生の貴重な時間を売り渡してお金を得ている」

というような考え方を持っている人はほぼいないでしょう。


上記のような意識を持つと、いかに早く労働から解放されることが重要か意識出来るのではないでしょうか。


人生は何年あるか分かりません。100年生きると言われていますが、私はそんなに長く生きないかもしれません笑


一般的に老後と呼ばれるものは定年後の時間ですよね。しかし、必ずしも60歳まで働かなければならないわけではないですよね。
お金さえ足りれば50歳でも40歳でも辞めてしまってもよいのです。



スポンサーリンク

若いうちからお金を貯める力をつける

時間の切り売りであるサラリーマンから抜け出す為には、お金が必要です。しかしお金を稼ぐには労働をしなければなりません笑

「若いうちに遊んでおけ」と上司から言われた経験はありませんか?

私は、これの反対の意見を持っており、

「若いうちから貯金の癖をつけておけ」

これが、今後の日本を生きていく上で必要なことになると思います。 少子化による年金不安。こういったことには自分自身で対策を打っていくしかありませんね。

  • 固定費の削減(ストレスのない範囲で)
  • 先取り貯蓄
  • お金の勉強

これらに取り組んで、より良い生活が出来るよう、あわよくばサラリーマンを脱出できるよう努力していきたいと思います。


本日もお読みいただきありがとうございました。

こんな記事も書いています。

年金足りない問題について書いています。
www.shibainukun.com

簡単な固定費削減の手段。格安SIMへの乗り換え効果について書いています。
www.shibainukun.com





ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村