20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

確定拠出年金(DC)はやったほうがいいの?

こんばんは!柴犬くんです!


本日は、


確定拠出年金(DC)はやったほうがいいの?


ということで記事を書いてみたいと思います。

確定拠出年金ってなに?


簡単にいいますと老後資金を自分でつくりましょうね!という制度です。



確定拠出年金には「個人型」と「企業型」の2種類があります。

個人型=各個人で自分の老後に備える制度

企業型=会社の退職金制度の一つ

となります。


では、それぞれ内容を確認していきましょう。

個人型確定拠出年金(通称iDeco)について

個人型確定拠出年金(iDeCo)について見ていきましょう。

個人型確定拠出年金とは、確定拠出年金法に基づく私的年金の制度ですね。
加入はもちろん任意で個人が申し込み、個人で掛け金を拠出し、運用方法を選ぶ。その掛け金と運用益の合計額を老後に貰えると。そういった制度になりますね。


昔は使える方が限られていましたが、現在は基本的には20歳以上60歳未満の全ての方が加入出来るようになりましたね。(企業型確定拠出年金と併用は会社の規定によります)

詳細はについては厚生労働省の公式ページがありますので、条件確認してみてくださいね。下記からとべます。


確定拠出年金制度|厚生労働省

企業型確定拠出年金について

企業型は個人型の、会社版ということで、会社の福利厚生制度の一つとして用意されている会社の社員のみ利用できる制度です。
大きくは変わりませんが、口座管理の手数料を会社が負担してくれるので、その分だけ個人型より得と言えますね。


さて、この確定拠出年金という制度ですが、やったほうがいいの?やらない方がいいの?ということが知りたい方が多いと思いますが、一概にはどちらとも言えない所です笑 続いてメリットとデメリットをみていきましょう。




スポンサーリンク

確定拠出年金を利用するメリット

1.掛け金が全額所得控除になる

掛け金分に対しては税金がかかりませんよ!ということですね。

例えば1万円を給料から毎月拠出したとします。
給料に対して税金がかかるのはみなさんもご存知のことです。この制度で拠出した分に対しては所得とみなされないというわけですね。
節税効果があると言われるのはこのためです(実際には課税の繰り越しです)



2.運用益が非課税

確定拠出年金では運用商品を自分で選定しなければなりません。その商品で得た利益に対して課税されないよーということです。


3.受け取る時に公的年金控除や退職金所得控除が使える

ここは少し難しいのですが、確定拠出年金には受け取り方法が大きく3つあります。

1つは一括で受け取る方法

2つ目は年金として分割で受け取る方法

3つ目は上記二つの併用

一括で受け取る場合には退職金所得控除、分割の場合は公的年金控除が使える


控除?となる方が多いかと思いますので、デメリットの部分で説明しますね。

確定拠出年金のデメリットとは

1.運用商品を自分で選ばなければならない

数ある商品から自分で運用先を選ばなければなりません。株なのか預金なのか保険なのか。
この商品選定がとても大変で、投資にふれてこなかった私たちには少々難しいところです。
実際私もかなり悩みました。
 

2.原則として60歳まで途中で解約出来ない

ここがかなり大きなところですね。途中でそのお金が必要になってもおろせないんです。
あくまで老後の為の制度ということですね。


3.受け取り時に課税されてしまう

ここで、ん??となる方が非常に多いかと思います。自分で貯めたお金なのに課税?変だなぁと思いますよね笑

掛け金が全額所得控除になるとメリット編で書きましたが、出口では課税されるのです。

ここは大事ですので覚えておきましょう。

先程メリットのところで退職金所得控除と公的年金控除という言葉が出てきましたよね。
確定拠出年金をうまく使うにはこの控除の部分をよく理解しておかなければなりません。

退職所得控除とは、サラリーマンが退職時にもらえる退職金に対して、一定額は税金がかからないようにしてあげようという国の制度です。


働き始めて最初の20年は控除が年間40万、それ以降は控除が年間70万ずつ積み上がっていきます。これは全てのサラリーマンが同じ条件であります。


勤続40年 退職金が2000万円のサラリーマンを例にしてシミュレーションしていきましょう。


20年×40万+20年×70万=2200万円の控除枠があります。

会社から退職金が2000万円出ますので、

2200万円(控除枠)-会社の退職金2000万円で残りが200万円となります。

こちらの200万円が確定拠出年金に使える控除枠になります。

そこからはみ出た分には課税されるのです。


年金も同じ様に公的年金控除-確定拠出年金以外の年金=確定拠出年金の控除枠ですね。
つまり、この控除を上手く使うところが確定拠出年金のミソになります。

確定拠出年金をやるかどうかは環境次第

自分が勤続何年でどれだけ控除枠があるか。

退職金や年金がいくらあるのか。


こういったところで、「やるべきか」「やらないべきか」が決まってくると思います。
デメリット面で述べたように、老後まで途中解約できないわけですから、資金拘束期間が出来てしまいます。

まずは自分の会社の退職金などを調べて見て、控除枠が余りそうかどうかを見てみましょう。


かなりの長文となってしまいましたが、ここまでお読みいただきありがとうございました。何か参考になれば幸いです。




こんな記事も書いています。

「つみたてNISA」を利用したインデックス投資ではDCと違い資金拘束がありません。
www.shibainukun.com

投資=怖いものと思っていませんか? まずは知ることから始めましょう。
www.shibainukun.com






ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村