20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

格安SIMの節約効果について【30年で○○万円!?】

おはようございます。柴犬くんです。

本日は、

格安SIMの節約効果について【30年で○○万円!?】

ということで、記事を書いていきたいと思います。

f:id:shibainu48:20200128200521p:plain

あなたの携帯はどこのキャリアですか?


あなたは携帯をどのキャリアで契約してますか? 

「au」

「docomo」

「softbank」

あたりのキャリアで契約している方も多いのではないでしょうか?


ズバリ言いますが、それしている可能性がありますよ〜。


すでに「格安SIM」に変えている方はお見事!という他ないです。 

格安SIMを使っている人は、日本人の「20%程度」と言われていますから、節約という面では「上位20%」に入っていることになります。

もちろん格安SIMにすれば100%安くなるという保証はありませんが、

「通話を毎日数時間する」

という方以外はおそらく安くなると思われます。

この記事では、「格安SIM」の節約効果を私の実体験をまじえて数字でみてみたいと思います。


過去に私が契約していたキャリア


実は私もかつては「某大手キャリア」で契約していました。 それこそ格安SIMに移行したのはつい最近の出来事なんです。

だからあなたが格安SIMにかえない理由もなんとなくわかります。

「ケチくさい」

「大手キャリアメールが使えなくなる」

「通信の質が悪くなりそう」

「格安SIMの会社が多すぎてどれがいいかわからない」


などなどが理由ではないでしょうか?


実際に格安SIMに移行するのは、面倒なことが多かったりします。 しかしそれを踏まえても「変えてよかった」というのが今の私の感想です。


特に「節約」の面から見ると、絶大な効果がえられました。 さらにこの効果は嬉しいことにこれからずっと続くわけです。

実際に数字でどれくらいの節約効果があったのかみていきましょう。

格安SIMの節約効果(私の場合)

私が大手キャリアに支払っていた金額は、月額8,000円です。

つまり

1年で 9.6万円

10年では 96万円

30年では 288万円 という数字になります。


「まぁまぁそんなもんでしょ〜」


と思われたあなた!


おそらく今の私の通信料金を聞いたら驚いてしまうと思いますよ。



なんと私の今の通信料金は、月額3000円です。


つまり

1年で 3.6万円

10年では 36万円

30年でみると 108万円 という数字になります。


大手キャリアでは30年で288万円でしたから差し引くと節約効果は、


180万円になります。



しかもこの数字は私個人のものなので「妻」の分を含めるとこの倍になるわけです。



「もう変えるっきゃないですよこれ...」




ちなみに私は「楽天モバイル」という格安SIMを利用しています。 使用感についてはこちらで記事にしていますので併せてお読みください。(通信料実質0円で私は使えています)
www.shibainukun.com



まとめにいきます。


格安SIMの節約効果まとめ

格安SIMの節約効果は絶大です。

私の場合は、以下の効果がありました。

大手キャリアだった頃の通信料は月額8,000円

格安SIMに変えたあとの通信料は月額3,000円


差額は5,000円になります。


これは、

1年で6万円の節約

10年では60万円の節約

30年なら180万円の節約


となります。


もし「あなたが夫婦なら?」「もし子供にも携帯を持たせていたら?」というシミュレーションをしていくと、さらに恐ろしいほどの節約効果になりますね。


あなたはこれでも「大手キャリア」にこだわり続けますか?



この記事が何か参考になれば幸いです。 お読みいただきありがとうございました。




こんな記事も書いています。

こちらでは水筒の節約効果について考えています。
www.shibainukun.com

こちらで一般的なサラリーマンの収入から「生涯でいくら使えるのか」試算しています。
www.shibainukun.com







ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村