20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

結婚したら決めておきたいたった1つのこと

おはようございます!柴犬くんです!

本日は、

結婚したら決めておきたいたった1つのこと

と言うことで記事を書いていきたいと思います。

f:id:shibainu48:20200208075131j:plain

結婚したら決めておきたいたった1つのこと

私たち夫婦は結婚して約2年になります。 また今年度に「子供」にも恵まれ、現在は3人暮らしをしています。

そんな私たち夫婦が結婚してから今まで生活をしてきて、「もっと早く決めておけば良かった」と思っていることについて書いていきたいと思います。

結論から言うと、「どういう人生を送っていきたいか」これは出来るだけ早いうちに決めた方がいいになります。

順番に解説していきます。

どういう人生を送っていきたいか

あなたはどういう人生が送りたいですか?

「マイホームを買いたい」

「老後は悠々自適に過ごしたい」

「ずっと働き続けたい」

「出来るだけ早く労働から解放されたい」


などなど、人によってそれぞれどういう人生を送りたいかというところは違うと思います。

もちろん夫婦であっても意見が分かれることがまぁあります。


しかし、生活をともにする夫婦だからこそ「どうやって生きていきたいのか」これは決めておいた方がいいと思います。


例えば、


「私は大きいマイホームがあればそれで幸せ」という奥様と、「家は安い賃貸でもいいからいろんなところに住みたい」という旦那様がいるとしましょう。

すると、両方を叶えることは難しいですから生き方に「相違」が生まれます。すると、どちらか一方を選ぶ必要が出てくるため自分の意見が通らなかった方は「不満」を抱えることになります。


「目標」が違えば「手段」が変わるのは当たり前のことですよね。 老後になってから「私はこんな風に生きたいわけじゃなかった」と思っても、時間が戻ってくることはありません。


できることであれば早い段階で決めておきたいですよね。



実は、私たち夫婦もそれが出来ていなかったところがあります。 

私たち夫婦の例 

私たち夫婦は特に「お金」の面での話し合いが出来ていませんでした。

「何のためにお金を貯めるのか」

「いつまでにそれが必要か」

「いくらあれば労働を辞めて良いのか」

2020年に入ってから妻とそんなことをよく話すようになりました。 そうやって生き方のすり合わせをしていくのは思った以上に難しく、激論が必要になる場面もありました。

私たち夫婦の出した結論は大体以下の通りです。

「まずは子供を一人前(成人)にするために必要なお金をさっさと確保」

「老後に必要なお金を環境を加味しつつ試算」

「働く必要がなくなればセミリタイアに突入」


具体目標でいくと「8000万円ほどを目標に本業と副業に励もう」という結論になりました。

目標を一致させるとどうなるか

私たち夫婦は「目標」を一致させたことにより「やるべきこと」が明確になりました。

「ストレスのたまらない節約」

「副業収入を作る」

「投資を活用する」


8000万円貯めるという目標を設定したことで、夫婦で一緒に同じ目標に向かって進めるようになりました。

もちろん達成できるかどうかはわかりません。

しかし、「同じ方向」をむいて走るということ自体にも意味があるような気がします。




結婚したら決めておきたいたった1つのこと【まとめ】

夫婦になったら「どうやって生きたいか」を出来るだけ早い段階で決めた方がいいです。

なぜなら、「目標」が違えば「手段」も変わってくるからです。


「マイホームがいい」「いーや賃貸で十分」

のように意見が分かれたままでは「楽しい生活」を送っていくのは難しいですよね。


ですから数日間かけて「夫婦でこうやって生きよう」というのをガッチリ固めてしまうのが良いと思います。 もちろん「目標」は変更したっていいと思います。 その都度「激論」を交わしていきましょう笑



皆さんも「どうやって生きたいのか」について夫婦で話してみてくださいね。



ということで本日もお読みいただきありがとうございました。


こんな記事も書いています。


こちらでは一般的なサラリーマンが生涯でいくら使えるのかについて試算しています。
www.shibainukun.com



水筒の効果は結構すごいですよ〜 試算してみました。
www.shibainukun.com


格安SIMの節約効果も結構すごいです〜 試算してみました。
www.shibainukun.com