20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

誰でもお金持ちに近づける方法【固定費の削減】

こんにちは!柴犬くんです!

本日は、

誰でもお金持ちに近づける方法【固定費の削減】

ということで記事を書いていきたと思います。


f:id:shibainu48:20190817110129j:plain

固定費とは

固定費とは生活をする上で毎月払わなければならない費用のことを言います。

例としては、家賃や保険、通信費や学費、習い事のお金などがこれに当たります。

これの反対語として、変動費というものもあります。

変動費とは

変動費とは、毎月変動のある出費のことです。

例としては、食費や日用品、美容にかけるお金や、娯楽趣味にかかるお金がこれに当たります。




スポンサーリンク

変動費の削減による節約はお勧めできません

変動費の削減をお勧めしない理由には下記のものがあります。

  • そもそも変動するので読めない。急な出費を削減することは難しい。
  • 食費の削減など、容易にできるがストレスが溜まりやすい
  • 趣味や娯楽をなくしてしまうと人生の楽しみも減ってしまう


変動費は言わば、「人生の楽しみ」と言い換えてもいいものだと私は思います。

「美味しい食事」や「楽しい体験」これらは私たちの人生を豊かにしてくれるものです。 これを削減することは非常にストレスがかかり、精神衛生上好ましくないです。

固定費の削減こそ、お金持ちに近づく王道

皆さんは「もっとお金があればなぁ」とか「お金持ちになりたいなぁ」と思ったことはありませんか?

私はあります! できればお金持ちになりたい! そんな風に考えてしまう人間の一人です笑

しかし、「お金持ち」も最初からお金持ちなわけではなく、何かしらの「努力」をしてきた人間達です。私たちも当然そこへ近ずくためにはそれ相応の努力をしなくてはなりません。

努力というと何やら難しく聞こえてしまいますが、まず簡単にできることがあります。

それこそ 「固定費の削減」なのです。

固定費の削減とは言っても何から手をつけたらいいの? となると思います。 そんな方にはまずはこれから見直すと良いですよというものを下記にあげていきます。




スポンサーリンク

携帯を大手キャリアから格安simへ変更する

これは我が家でも最初に着手したことです。 我が家は二人で月に16000ほどの通信費を払っていました。 これが今では4000円ほどに下がっています。 月に12000円の削減です。

これは1年間で約15万 30年これを続けると、約450万円になります。 出来るだけ早いタイミングで変えることで、自分や家族の選択肢を増やすことが出来ます。

参考記事
www.shibainukun.com

無駄な保険に入らない

皆さんは月にいくらの保険料を払っていますか? 1万円?2万円?もっと? もしかしたらそれは払い過ぎかもしれませんよ。

私たちが生きる上で本当に必要な保険はそれほど多くはありません。

自動車保険(対人対物無制限)、掛け捨ての生命保険(子持ちのみ)、火災保険 などが入っておくべき保険です。

それ以外は実は、「不要」であることが多いです。これは個人の考え方によりますけどね。

「保険に入りすぎるからお金が貯まらない」のです。

参考記事
www.shibainukun.com

www.shibainukun.com


固定費の削減は「誰でも出来ること」つまり再現性が高い方法なのです。 

月々の給料を増やすということは簡単ではないですよね。

例えば月々の給料を5000円すぐに増やそうって言っても無理ですよね。 さらに給料では税金が引かれることも考えると、6000円〜7000円稼いでようやく5000円が手に入ります。

支出を減らすということであれば、5000円減らせばダイレクトに5000円家計にお金が余ります。当たり前のことではありますが、この差は大変大きいと思います。


こういったことを考えるのは正直かなり面倒くさいことです。 

しかし、固定費の削減のいいところは最初さえ頑張って削減すれば、あとはずっとその削減効果が得られるところです。

まずは一歩を踏み出しましょう。 その一歩で、「人生の選択肢」を増やし、よりより生活を手に入れていきましょう。



本日もお読みいただきありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村