20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

日本の大きなトレンドを読む【早期退職、終身雇用崩壊、老後問題】

おはようございます!柴犬くんです!

本日は、

日本の大きなトレンドを読む【早期退職、終身雇用崩壊、老後問題】

ということで記事を書いてみたいと思います。


f:id:shibainu48:20191202050316j:plain

私たちの住んでいる日本

私たちの住んでいる日本はこれから、「超少子高齢化社会」に進んでいきます。 日本の人口のうち老人の占める割合がどんどん上がっていくのです。 そうなっていくと当然「労働をする世代」の負担が重くなっていきます。

そういった環境の変化がある中で、私たちも変化をしていく必要があると感じます。

人口減による需要の減少、それに伴って供給が減ることによるリストラや早期退職勧奨制度。 AIの台頭による「人である必要のない」仕事。

私たち労働世代の「老後」はどうなるのでしょうか。また私たち個人が対策できる手段はあるのでしょうか。

この記事ではそんなことについて書いていきたいと思います。




スポンサーリンク

日本の大きなトレンド

私たちは日本の大きなトレンド(流れ)についてよくみていく必要があるのです。 ここ最近私が注目しているのはこの3点です。

  1. 大手優良企業の早期退職勧奨
  2. 経団連会長の終身雇用は維持できないという発言
  3. 老後に2000万円必要問題

順番に解説していきます。

大手優良企業の早期退職勧奨

日本では「大手」と呼ばれる優秀な企業が次々と「早期退職勧奨制度」を導入したりしています。 最近では「味の素」が100人の早期退職を募集したばかりです。

どの企業でも、対象者は45歳以上や管理職の人間となっているように感じます。 「労働意欲の減少した世代」や「パフォーマンスの落ちてきた世代」と会社が感じているのでしょうか。

その中でも常に重宝し続けられる職種なんかもあったりします。 私たちは危機感を持って「必要とされる人材」になれるようスキルを磨いていく必要がありそうです。

経団連会長の発言

経団連の会長が「終身雇用の維持はむずかしい局面に入ってきたかもしれない」との発言をしたことがいっとき話題になりましたね。

今までの日本では、最初に就職した会社で生涯つとめあげるというのが一般的な生き方だったと思います。 しかし、それも会社が定年まで雇用してくれるという安心感があったからこそです。

私たち現役世代は、親の世代のように「会社で40年つとめ退職金をもらい年金生活」といったスタイルはとることができないかもしれませんね。

「リストラ」などに備え個人で対策しておかなければ、安い給料で生涯働きつづけるそんな未来になりそうな気がして私は怖いなと感じています。

老後に2000万円必要問題

2019年もっとも世間を賑わせた話題がこれだと私は思います。

老後に2000万円必要。

「年金だけで豊かに暮らせるんじゃなかったのか」

「そんなの聞いていない」

などという発言が飛び交っていましたよね。 しかし、これは今の老人世代が老後に必要なお金であって、私たち現役世代はさらにお金が必要になるとみる必要があります。

物価は少しずつ上がっていっていますし、税金もどんどん増えている。そして子供がどんどん減っているという現実。

私は現在20代ですが、老後を迎える45年後が今よりも明るいとは到底思えません。 個人で対策をしていかなければ「困窮」する未来が私には見えてしまいます。

国の副業に関するガイドライン

皆さんはご存知でしょうか。

国は「副業に関するガイドライン」を出しています。

これは、簡単にいうと

「企業は社員に原則として副業を認めなさいよ」

というものです。

上で述べた早期退職や終身雇用崩壊、老後問題などに「個人で対策を打ちなさいよ」と国が言っているとも取れますよね。

現に、この2019年は「副業元年」とも呼ばれるほどの副業ブームがきています。 ネットなどをみても「サラリーマンにおすすめの副業!」などと文字が踊ったりしています。

今は何も「副業をやっていない」という方のほうが多いかもしれませんが、トレンドが変わりつつあるということに気づいていく必要があります。




スポンサーリンク

まとめ

日本はこれから超少子高齢化社会へ進んでいく

早期退職は増えているし、終身雇用は守られないかもしれないし、老後には2000万円では済まないかもしれない

国は「副業に関するガイドライン」を出している

これらのことから「個人で何かしらの対策」をすることは必須だと読み取れる



「新しいことを始める」というのはやはり怖いもので躊躇しがちではありますが、私たちも環境に合わせて変化をしていくことが大切かもしれませんね。

この記事が何か参考になれば幸いです。

お読みいただきありがとうございました。


こんな記事も書いています。

副業よりもまずは節約から初めてみるのもおすすめです。こちらでは楽天カードを使った節約について書いています。
www.shibainukun.com

投資も「老後対策」の一助になると思います。
www.shibainukun.com

入社一年目から貯金の癖をつけておくと「豊かな老後」に近づけます
www.shibainukun.com



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村