20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

投資を始める前にすべきこと【生活防衛資金】

おはようございます!柴犬くんです!

本日は、

投資を始める前にすべきこと【生活防衛資金】

ということで記事を書いてみたいと思います。


f:id:shibainu48:20191024052510j:plain

生活防衛資金とは

生活防衛資金とは、病気や事故家族の不幸などが起こった時に、それに対処するために貯めておくお金のことを言います。

これがないと、生活が困窮してしまったりします。

この記事では、投資をする前に生活防衛資金を準備しておかないとまずいですよということについて書いていきたいと思います。


フルインベストメント

フルインベストメントという言葉を聞いたことがありますか?

これは、現金や安全資産をほとんど持たず、有価証券などの資産にほとんどのお金を投入してしまうことです。 これにより、資産効率としては最大化できるという利点もあるのですが、当然「暴落」などによりほとんどの資産を失ってしまうという危険性もあります。

そして、このフルインベストメントは「自分の稼ぎ」に依存する形となります。 給料から生活費を差し引いた残りを「投資」に回すわけですから稼ぎがもし少なくなってしまえば大変困った状況になりますよね。

「暴落」と「もしもの出来事」が同時に起こった場合、このフルインベストメントの状態ではかなり困った事態になるのは想像しやすいでしょう。

「生活防衛資金」の確保と「投資は余剰資金で」ということを心に留めておきたいものです。




スポンサーリンク

生活防衛資金は心の余裕

生活防衛資金というのは私たちに余裕をもたらしてくれます。 万が一のことが起こったとしても「なんとでもなる」というほどに資産を蓄えておくことで、精神的にかなり余裕を持って生活することが出来ます。

投資をする上では、「暴落」は避けられないと言われておりそんな時にもこの「生活防衛資金」が私たちの非常に強い見方となってくれるのです。

生活防衛資金があることで必要なくなるもの

生活防衛資金は何も投資をする方のみに使う言葉ではありません。

投資をされない方にもこの生活防衛資金は良い効果を発揮してくれます。

例えば、生活防衛資金があれば「医療保険」に入る必要がなくなると私は考えています。 日本人の8割強が加入しているとのデータもあるほど生活に馴染んでいる保険の1つでありますが、私は現在入っておりません。

理由についてはこちらの記事で書いていますので合わせてお読みください。
www.shibainukun.com


保険が必要なくなればその分を「貯金」に回したり、「投資」に回したりすることが出来ます。

「貯金がないから保険に入る必要があり」

「保険に入る方貯金ができない」

なのです。

ささっと生活防衛資金を貯めて、「医療保険」を卒業しましょう。

生活防衛資金はいくら準備したらいいの?

では「生活防衛資金」はいくら準備しておけばいいのか。

答えは、

人による

です。

というとなんと無責任なという声が飛んできそうなので、少し解説していきます。

生活防衛資金というのは、「もしものこと」が起こった時に生活を守るためのお金がと冒頭に話しましたが、金額はやはり人によるのです。

我が家の場合は、月々の生活にかかるお金が15万〜18万くらいです。 それも田舎に住んでいるおかげかなと感じています。

それが「東京」などの都会になれば話が変わってきます。 我が家と同じような「ファミリータイプ」のお部屋を借りるとなれば、結構な額が必要となってきますよね。

ですから「それぞれの生活水準」に応じて、この生活防衛資金の額は変わってくるのです。

このため我が家では、「生活費の6ヶ月分から1年分」という基準を設け最低ラインとして用意しています。

月々15万円で暮らしているとすると、約200万円くらいあれば良いのではないでしょうか。 月々25万円使っている家庭であれば300万円程度が目安になってくると思います。


自分の家庭に当てはめて、「生活防衛資金」が整ってから「投資」に移行していきたいものですね。





スポンサーリンク

まとめ

生活防衛資金とは「もしものこと」が起こった時に私たちの生活を守るお金

フルインベストメントは、資産効率は最大になるが「心の余裕」がなくなることも

生活防衛資金があれば「医療保険」が不要になるといっても過言ではない

生活防衛資金は「生活費の6ヶ月分から1年分」を用意しよう

投資に入るのは「生活防衛資金」を貯めてから



投資を始める前には、この生活防衛資金が貯まっているかをきっちり把握してからにしたいですね。

ということで本日もお読みいただきありがとうございました。


こんな記事も書いています。

生命保険は必要なのか考えてみました。
www.shibainukun.com

こちらではドルコスト平均法のメリットとデメリットについて書いています。
www.shibainukun.com

こちらでは、貯金1000万円を超えるとどうなるのかについて書いています。
www.shibainukun.com


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村