20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

つみたてNISAの出口戦略【ずっと持っていれば良い】

こんばんは!柴犬くんです!


本日は

つみたてNISAの出口戦略【ずっと持っていれば良い】


ということで記事を書いてみたいと思います。

f:id:shibainu48:20190629135011p:plain

つみたてNISAとは

つみたてNISAって聞いたことありますか? 

こちらは国が「貯金から投資へ」という流れを作るため(?)用意された税制優遇制度です。投資によって得られた利益に課税されないという、素晴らしい制度です。

NISA(少額投資非課税制度)に対して、つみたてNISAは(少額積み立て投資非課税制度)と考えれば良いと思います。


普通のNISAでは、色々な種類の商品に投資できるのに対して、つみたてNISAでは「投資信託」と「ETF」のみとなっています。

商品の数が膨大すぎて、「投資対象を選べない!」という初心者にもってこいの制度ですね。 更に、つみたてNISA対応の商品は、金融庁が厳しいルールを作り、そこをくぐり抜けてきた商品ということで、どれを選んでも大きく間違えることがない商品たちだと言えます。

こちらの記事でも触れていますので、よろしければお読みください。
www.shibainukun.com

つみたてNISAで一番難しいのは出口戦略!?

私は2018年から上記の「つみたてNISA」を利用して、積立投資を行っています。

それまでの私はというと、「投資」というものにふれたことが全くなく、投資=怖い という先入観を持っている人間でした。

そんな私も、お金について色々と勉強していく中で、「投資もやってみようか」と思い立ち、初めてみたわけです。 つみたてNISAは私のような初心者でも、導入として最適でした。 もちろん調べることはたくさんありましたよ笑

例えば、

「そもそも証券会社ってどうやって開くの?」

とか

「開いたは良いものの、普通口座?特定口座?NISA口座? 種類ありすぎでしょ!」

とか

「口座の種類についてはわかったけど、商品はどれを選べば良いの?」

とか、もう調べに調べました笑 今は便利な世の中なので、色々な疑問もネット検索1つで答えが出ます。 もちろん「ガセ情報」などもありますので、盲信は良くないですけどね。


そんなこんなで投資2年目に入った私ですが、次の疑問はこんなものでした。

「つみたてNISAの出口戦略ってどうしたら良いの?」

というものです。


投資に回したお金もいつか「使うフェーズ」が来ますよね。 勢いで始めた私はこの「出口」のことを考えられていなかったのです笑

というわけで、「つみたてNISAの出口戦略について」自分なりに調べてみたので以下で書いていきたいと思います。




スポンサーリンク

つみたてNISAの出口戦略はずっと持っていれば良い

つみたてNISAの出口戦略を考える上では、まず「非課税制度」の概要を知らなくてはいけませんでした。 これも金融庁さんのサイトがあるので簡単に調べられました。

こちらから金融庁の「つみたてNISA」に関するページに飛べます。
www.fsa.go.jp


金融庁をサイトを見ますと、つみたてNISAの非課税枠は毎年一個ずつ20年にかけて付与されます。 したがって最大で20個の非課税枠があります。

この非課税枠1個ずつに対して20年の非課税期間があるわけですね。一番最初の非課税枠は、20年後に課税口座に払い出しがされます。 この時利益が出ていたとしても、その【元本+利益分】で購入した。とみなしてくれるため、税金がかからないわけであります。


1年目積立て分は21年目に課税口座に払い出され
2年目積立て分は22年目に課税口座に払い出され
3年目積立て分は23年目に課税口座に払い出され (以下略)
         

つまり一番最後の枠は20年目に積み立て始めて41年目に払い出されると。本当長期投資ですよね笑

上記を見ると、そのまま「ほったらかし」にしていたとしても、自動的に課税口座に移してくれるため、ずーっと持っているという選択でも良さそうですね。

その投資は何の為の投資ですか? 出口戦略は人それぞれ

ここで今一度確認したいことは、その投資が「何のための投資なのか」ということです。


上記の様にずーっと持っているという選択は、私の様に特に使い道が決まっておらず、「だらだらと余剰資金を運用したいなぁ」という人向けの戦略になります。


例えば、子供の学費の為に運用するよという人は、非課税期間内でも学費のために下ろしてしまえば良いです。

非課税期間に考えを左右されずに「お金が必要になったとき」に売却する。これが正しい選択ではないでしょうか。


ということでつみたてNISAの出口戦略は、人によって違う という何とも言えない結論になります。


自分が何のために資産運用をするのか。これをしっかり考えていきたいですね。 この記事が何か参考になれば幸いです。


本日もお読みいただきありがとうございました。


こんな記事も書いています。

株価は素人には読めません。なので、私はつみたて投資を選択しました。
www.shibainukun.com

貯金のみでは、生涯でこれぐらいしかたまりません。
www.shibainukun.com








ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村