20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

【朗報】つみたてNISAの期限が延長されるらしい

こんにちは!柴犬くんです!

本日は、

【朗報】つみたてNISAの期限が延長されるらしい

ということで記事を書いてみたいと思います。


f:id:shibainu48:20190817110129j:plain


つみたてNISAとは

そもそも「つみたてNISA」とはなんでしょうか?


つみたてNISAとは、少額投資非課税制度(NISA)の1種です。


なんのこっちゃ!?

と思われる方も多いですよね。

もっと簡単にいうと、国が用意している制度で

「少ない金額の投資までは儲けにたいしての税金を取らないよ〜」

というものになります。


例えば、このNISAを利用しない場合は、100万円分の株を買ってそれが200万円に値上がりした場合、利益分の100万円にたいして20%程度の税金がかかってしまうのです。

それが、このNISAの制度を使えば免除されるのですね。こんないい制度があるなんて驚きですよね。


このNISAには実は、2種類のものがあります。

  • NISA
  • つみたてNISA

この2つです。

「どう違うの?」

という疑問が出ると思いますが、

ざっくりいうとNISAは色々な商品が割と自由に選べる「投資中級者から上級者向き」でつみたてNISAは「初心者向き」と言えるのではないでしょうか。

なぜつみたてNISAが初心者向きかと言いますと、

「金融庁が厳選した商品しかない」←どれを選んでも大きく間違えない

「運用期間が長期であるためマイナスになりにくい」←世界市場は長期で見ると右肩上がりになっている

「少額の投資になるためとっつきやすい」←年間40万までと月あたり3万円と少額

などの理由があるからです。

もちろん投資手法によって、上級者でも「つみたてNISA」を選択されている方もたくさんいますので、そこはお間違えなく。


つみたてNISAについてはこちらでも記事にしていますので、合わせてお読みください。
www.shibainukun.com
www.shibainukun.com


つみたてNISAの期限が延長されるとはどういうこと?

つみたてNISAという制度は、2037年までの制度となっていました。 これにより、開始が1年遅くなった人は1年分の非課税枠を損してしまうという状況だったのです。

人によっては制度を「知るタイミング」が違うわけで「不公平」なのが今の現状となっているのです。

しかし、今回このつみたてNISAの期限が延長され、どのタイミングで初めても20年分の枠がもらえるようになるという報道がされました。

これにより、どのタイミング初めても「不公平」なく投資ができるようになりますね。




スポンサーリンク

このニュースから私たちが読み取るべきこと

どのタイミングで初めても不公平なく投資ができるようになるということで、投資に参加する人口が少し増えることが期待されます。

この決定をした意図としては、

「国は個人で老後への対策をしてもらいたい」

ということなのではないかと私は受け取りました。


超少子高齢化が進む日本においては、今後社会保障費が増えていくことが確実となります。 その中で年金が減ることはもはや必至といっても過言ではないでしょう。

私たちが、「楽しい老後」を過ごすためには個人で対策をしていくことが必要となるでしょう。


このニュースをどう受け取るかは個人の自由ではありますが、少なくとも私は危機感を覚えました。

投資をすれば確実に楽しい老後が約束されるわけではありませんが、手段の1つとして検討してみても良いかと思います。


この記事がなにか役に立つことを祈ります。


本日もお読みいただきありがとうございました。


こんな記事も書いています。

投資初心者が含み損を抱えた時の対処法について書いています。
www.shibainukun.com

こちらでは20代におすすめの投資について書いています。
www.shibainukun.com


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村