20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

絶対儲かる投資はあるの?【ないですよ】

おはようございます!柴犬くんです!

本日は、

絶対儲かる投資はあるの?【ないですよ】

ということで記事を書いてみたいと思います。


f:id:shibainu48:20191024052510j:plain


まず投資とは何か

投資とは、株や不動産、債券などの「資本にお金を投下する」ことにより、お金を増やすことをねらう行為です。

お金を増やすというと、悪い印象をもたれる方もいるかもしれませんが、「自分たちのお金を守る」という側面でも投資は検討すべきものになります。

この記事では、

「投資がよくわからない」

「投資するなら損しないものがいい」

「絶対儲かる投資はないの?」

という方向けに「投資に対する考え方」を解説していきたいと思います。


預金のみは安全か

預金のみでお金を管理していれば「絶対安全」と考えている方もいるかもしれませんが、こんな考え方もできますよ。

2019年に消費税増税がされましたよね。軽減税率などややこしいものを省くと消費税8%が10%になったよというものですね。 

ということはですよ、1000万円を預金で保管しているひとは増税の2%分価値が目減りしたということです。 これは知っておかないといけないですよ。

1000万円預金している方は、増税により20万円を失ったのです。 2000万円持っている方は40万円失ったのです。 額面が変化しないことにより、実感はわきにくいのですがこれが事実です。




スポンサーリンク

絶対儲かる投資はあるの?【結論ない】

投資するなら「絶対儲かるものがいい」と考えるのは、正常な反応ですよね。 だれだって損はしたくないですし、儲かるものに投資をしたいと考えます。

しかし、大前提として「絶対儲かる投資」は存在しません。その理由は以下の通りです。

  1. 株価はだれにも正確には読めない
  2. リスクとリターンは常に表裏一体である

順番に解説していきます。


株価はだれにも正確には読めない

今回は株を例に挙げてみていきましょう。

なぜそう言い切れるのか。 それは、株価予想をしている「投資のプロ」達の今後の株価予想を見ることでわかります。

「日経平均は今後40000円まで伸びていく」

「日経平均は今後どんどん落ち込み10000円を切るであろう」

このようなプロの株価予想を見たことがありませんか? 2019年11月9日現在の日経平均株価は23000円台で推移しており、どちらの予想も外れていますよね。

投資のプロと呼ばれる人たちであっても「未来の株価」は決して予想ができないのです。 

でも考えてみれば当たり前ですよね。

会社の不祥事などがあればすぐに変動する株価が人に読めるわけありませんよね笑 各企業が不祥事を起こす起こさないまで予想できるのであればそれは「超能力者」です笑

リスクとリターンは常に一体である

リスクとリターンは常に表裏一体。これは投資をする人間であれば必ず覚えておきたいワードです。

たとえば預金。 預金は先ほど述べたとおり「物価が値上がりする」インフレーションの状態においては、価値が目減りしてしまいます。 そうしたリスクに対して「金利」がつくわけですね。

非常にリスクが低いため「金利」というリターンも低いというわけです。


続いて、株。 こちらも同様の考え方ができます。

株の儲けというのは「値上がり益」のキャピタルゲイン、「配当など」のインカムゲインに分かれます。

値上がり益の方がイメージしやすいためそちらを例に挙げてみましょう。

一般に株価が下がるのは、「この会社の株なんていらない」「成長性が期待できない」といった時ですよね。 だれもその株に魅力を感じないため価値が下がるのです。 

安く買って高く売るのが「株の基本」ですので、下がったのであれば買いたいと考えますよね。 しかし、投資家が手放した結果価値が下がった株ということは、「何らかの理由がある」と考えるのが普通ですよね。

最悪は倒産してしまうこともあります。 そうした大きなリスクを負うと、株価が再び上がった時に大きな利益が得られるのです。

負ったリスクの分だけリターンがあるのです。 負うリスクが小さいほどリターンも小さくなりますね。

イメージできましたか? 

リスクを負わない(買わない)のであればリターンも当然ありません。 これが投資の大原則です。

巷の元本保証で利回り○%という投資

ここまで読んでいただいた皆さんならわかりますよね。「元本保証で利回り○%」と謳われる投資にお金を投下するのがいかに無謀な行為なのかということを。

この世の中では、こういった「詐欺商品」がたくさん、本当にたくさんあふれています。 

自分は投資をしているつもりでも「投資のスタート地点」にも立ててない場合が多々あります。

「負ったリスクに対してリターンがある」つまり「元本保証でお金が増えることはない」です。

引っかからないように注意してくださいね。




スポンサーリンク

これから投資を始めたい方は「つみたてNISA」を検討

投資とは必ず増えるものではない。 これが大前提ですが、比較的初心者にとっつきやすい投資が、「つみたてNISA」を利用した積立投資です。

つみたてNISAとは

国が用意した税制優遇制度で、少額の投資の利益に対して「課税しないよ」という制度になります。 このつみたてNISAで買える商品は「金融庁が厳選した商品」のため、どれを選んでも大きく間違えることのない商品と言えます。

初心者が投資を始めるのであれば、この制度を利用してみるのが良いでしょう。 もちろんやめたいと思えばいつでもやめられます。 

まとめ

絶対に儲かる投資はない 理由は以下の2つ

  • 株価はだれにも正確には読めない
  • リスクとリターンは常に表裏一体

元本保証で利回り○%という罠に引っかからないこと


初心者がこれから投資を始めるのであれば

「つみたてNISA」あたりがオススメです。



「絶対儲かる」とか「元本保証」というのは魅力的な言葉ではありますが、ほぼ全部が「罠」です。 引っかかってはダメですよ。

ということで本日もお読みいただきありがとうございました。



こんな記事も書いています。

初心者にはインデックス投資がオススメです。 私もここから始めました。
www.shibainukun.com

サラリーマンは投資をすべきだと私は思います。
www.shibainukun.com

こちらでは「ドルコスト平均法」のメリットとデメリットについて書いています。
www.shibainukun.com


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村