20代工場勤務が妻を幸せにするため奮闘するブログ

節約、資産運用を通じて「生活をより豊かに」をモットーに役に立つ情報やいきる上での考え方など発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

【消費増税対策】家計のダウンサイジングをしよう

おはようございます!柴犬くんです!

本日は、

【消費増税対策】家計のダウンサイジングをしよう

ということで記事を書いていきます。

f:id:shibainu48:20190629140228p:plain

消費増税とは

2019年10月1日より、消費税が8%から10%へ引き上げとなりました。

軽減税率の適用の適用されるもの、飲食料品や、お持ち帰りでの外食など8%のまま利用できる商品もありますが、ほとんどは10%になってしまいましたね。

また「キャッシュレス決済」によるポイント還元制度もありますが、2020年6月30日までの期間のみとなっています。

家計のダウンサイジングとは

言葉の通り、家計のサイズを小さくするということです。

私たちは普段、労働の対価として得た「給与」から消費を行います。 消費というのは余程意識をしていないと、どうしても大きくなってしまうものです。 給与が増えればその分支出も増えるといった具合にです。

個人が消費増税に対策を打つとすれば、家計のスリム化をすることが一番簡単な方法ではないでしょうか? 支出を少なくする努力をするということですね。




スポンサーリンク

家計のダウンサイジングのコツ

私が実際に行った手順で、家計のダウンサイジングのコツを書いてみたいと思います。

1.現状把握のため家計簿をつけよう

まずやることそれは現状把握です。 何かを削減するにも、自分の現状を知れていないのであれば削減は出来ません。出来たとしても、自分にとってストレスのたまる節約に走りがちです。ですからまずは自分の現状を知りましょう。

私が現状把握のために使用しているのは、アプリの家計簿です。 紙の家計簿でもいいのですが、アプリの方が簡単にサクッと入力できるためお勧めです。 アプリストアにて「家計簿」で検索しましょう。 もちろん無料のもので大丈夫ですよ。できれば費目(食品、日用品)などが入力出来るものが望ましいです。


試しに2ヶ月ほどつけてみてください。 「えっ? これにこんなに使ってたんだな...」というものが出てくるかもしれません笑

2.固定費の見直し

現状が把握できたら次は「固定費」部分に注目しましょう。

固定費とは:携帯の通信費や、保険代、家賃など 毎月必ず固定でかかってくるものをいいます。

特に以下の点を重点的にチェックです!

  • スマホ代が一人当たり4000円を超えてしまっていないか(私は8000円でした)
  • 無駄な保険に入っていないか、または必要以上の保障ではないか
  • 使っていない月額サービスがないか(行っていないジムなど)


ちなみに保険については、以下の記事が参考になれば嬉しいです。
www.shibainukun.com
www.shibainukun.com

3.ストレスなく削れるものを探す

次は固定費以外のストレスなく削れるものを削っていきましょう。

これは個人によって、感じ方が違う部分ですので難しいのですが、私の場合は以下のものを削っていきました。

  • コンビニを使用しない
  • 会社の自動販売機を使用せず、水筒持参
  • 定期的に購読していた本を読むのをやめた

私の場合はこれらを削っていきました。 以下に参考記事を貼っておきます。
www.shibainukun.com
www.shibainukun.com


4.1に戻って手順を繰り返す

あとは、1番に戻って繰り返すだけとなります。 繰り返せば繰り返すほどに家計は改善していきます。

気をつけたいところは、

「削減しすぎて毎日の生活が楽しくない」

という状態にしてしまわないことです!


時にはしっかり「浪費」をすることを心がけましょう! 浪費こそ人生の豊かさなり!


ということで、本日もお読みいただきありがとうございました。








ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村